競合調査をなぜするのか。


私はふと考えた。なぜ競合調査をするのか。


自社のことを考える際や、企業研究をするときに行っているが、その目的は何か。


それは、ひとつに自社のサービスないし製品に100%自信を持った状態で提案をするためだと思った。


f:id:o-haru21:20170519192448j:plain

どんなに自分が好きな会社でも、他社(者)に対して本当に良いと言えなければ生き残れない。


そのためには、まずできると信じること。

そして会社・商品・職業・自分に対して自信を持つこと。


なかなか難しいかもしれないけど、会社、商品に対して知ることからはじめてみる。

そうすればひとつひとつ理解してゆくだろう。

そして、人に伝えることをしてみると良い。

f:id:o-haru21:20170519192619j:plain


例えば、アイフォン。

最初は名前すら世の中に認識されていない商品だったけれども、あるきっかけで知ることとなった。

世の中を先端を行くあなたは、そのアイフォンがどういった商品かを情報を得て理解するだろう。

ああ、なるほど。こんな機能があるんだと。

そして、実際に商品を買い、扱うことができるようになる。


分かち合いは、人に伝えたり教えたりすること。

新しく買ったばかりだと操作方法が分からない時があっただろう。

あるいは設定をしてあげた経験があるかもしれない。

f:id:o-haru21:20170519192835j:plain


つまり「知る」→「分かる・理解する」→「やってみる・実行する」→「できる」→「分かち合う」このサイクルを回せるようになる。


これを成長の五段階という人もいる。


アイフォンを扱えるようになったあなたは、成長をしているのだ。

数年前にはこの世になかったものを簡単に操っている。

素晴らしい成長ではないか。


話を競合調査に戻そう。

競合調査をする一つの理由は、自社のサービスや製品に100%自信を持った状態で提案をするためだ。

なかなか一歩踏み出せないのは、自信がないから。

自信を得るためのヒントに成長の五段階を使い、徹底的にインプットとアウトプットを繰り返すことが必要だと思う。

仕事をスポーツに置き換えてみたら、大変なことになった件


本番で最高のプレーをするためには

日々の効果的な練習が必要で

現状維持だったら、その瞬間から後退していく。


仕事は毎日が本番。

インプットだったり準備するのは週2日間の休日と、出勤前後の時間


そう考えると練習の時間は実に短い。


あまり力を入れすぎずにって言われるけど

そりゃそうだ!笑


全力で取り組むことには変わりないけど

ガチガチだったらいいパフォーマンスできないもんな〜

f:id:o-haru21:20170618214759j:plain


長期的な目標・ゴール

その日その日の目標・ゴールを決めることって大事だなって思う。


100キロマラソンを目標の時間内までに走りきるためには

ちゃんと戦略や計画を立てしないと大変なことになる。


素人が作戦なしに行き当たりばったりでスタートをしたら

完走できないのは目に見えている。


自分が向かうべき指標、道しるから逆算をして考えてみる。

f:id:o-haru21:20170618215405j:plain


一生懸命練習したからといって

期待する結果は得られないかもしれない。


それでも自分を信じてやってみる

違ったらまた修正すればいい。

情報を発信するところに、人は集まる

ふと、メディアの運営をしていたのときに

響いたことを思い出した。

f:id:o-haru21:20170618210604j:plain


母体のホームページに情報が掲載されるから

そこにアクセスが集中する。


けど、何の情報も載っていないホームページだったり

情報が遅かったりしたらほとんど活用されない媒体なはず。


情報を持ってる人のツイッターをフォローした方がよっぽどいい。


インフルエンサーと言う言葉をよく聞くようになったけど


・事実の想いを伝える力

・効果的な発信力

・人をひきつける魅せ方


最近の大きなテーマ。


しっかり目標を決めて取り組もうと思う。


最高のサービスとは何か 〜クレーム対応からの学び〜

世の中不条理だと思う。

自分に非がないことでも怒られなければならない。


しかしそれをお客様には関係ないことで

こちらが生み出した結果であるのだと思う。


どうしようもない人がいても

100%悪くなくとも。


現場で起きた出来事の全てはその場の責任となる。


f:id:o-haru21:20170517210734j:plain

前回、「職場の出来事の全ては自分が源」だって書いたけど

それでもこの考えを持っていれば強い組織になるとも感じる。


会社の平社員だったら重い考えかもだが、、、


しかしながら、人は自分ではない誰かのせいにしようとする傾向にある。

自分は悪くない、自分には非がないんだって。


これではいつまでたってもミスは減らない。


どんなに理不尽だろうと、誠意を持って対応しなければ。

f:id:o-haru21:20170517210954j:plain


特に何があったわけではないけど

世の中理不尽なことがある。


いい大人が「なんでそこまで文句つけるんだー」って。


クレームはお客様からのラブレターと良く言うけれど

ラブレターの書き方にも気を付けてほしいもの。


理不尽なクレームで傷ついた経験のある人には伝えたい。


酷いクレームは単なる情報にすぎない。

発散する相手は誰でも良くて。

誤った欲求充足の方法をしているの。

決してあなたが悪いわけではない。


もしこれから力や言葉の暴力で悩んだらこう考えればいい。


ちゃんと聴く姿勢を示して、話す内容に耳を傾ける。

ただ視線を合わせて聞いていればいい。


そして言い終えたら、相手の言い分をただ「おうむ返し」すればいい。

「あなたの言っていることを聞いてます」っていうメッセージ。


反論したい気持ちがあってもここは抑えて

時間差はあるけど

発散すれば落ち着くから。


すごく簡単なこと。実にシンプル。

ポイントは

・とにかく傾聴

・相手の言った内容をおうむ返しする

・反論しない

f:id:o-haru21:20170517211414j:plain


魔法の言葉「ただ」。

あなたの言っていることは「確かにそう考えることもできます」

「ただ、うちの人間は〜と考えていたのかもしれません」


と、クレーム対応を営業の先輩に教えていただきました。


内容にもよるけど謝ることが良いクレーム対応とならないこともある。


題名の「最高のサービスとは何か」まで行きついてないけど

一区切りついたので、今日はここまで。

職場の出来事の全ては自分が源

【大切!】出勤前に読んでください!

学びがあったので、シェアします。


ハインリッヒの法則

(別名1:29:300の法則)


この数字の意味は

・1件の重大な事故・災害(=重傷者が出る程)が発生した場合、

・29件の軽微な事故・災害(=軽傷者が出る程)が既に発生しており、

・300件のヒヤリ・ハット(=怪我人は出ないものの、ヒヤリとした出来事)が

既に発生している。


というもので、アメリカのハーバート・ウィリアム・ハインリッヒという人が

労働災害の内容を調査した結果、発見した法則なの!


f:id:o-haru21:20170517201402j:plain

それで、会社に当てはめて考えると

・社外秘書類を、外部に誤送信してしまった

・見知らぬ人からのメールを受け、添付ファイルを開いたところウイルスだった

・商品の注文個数を1桁間違えた

・シュレッダーに掛けるべき書類を、そのまま燃えるゴミに出してしまった

・個人情報が書かれた手帳を失くした

などなど


「あ〜危なかった...」のヒヤリ・ハットは、その後しばらくは注意するものの、

時間が経つにつれて つい警戒を緩めがちになって。


そして、結局また同じミスを繰り返すこととなり、

ミスが積もり積って、いずれは大事故へ。。。



f:id:o-haru21:20170517201526j:plain

一つの大きなクレームは、一人の責任ではなく

職場全体が生み出した結果だと私は思う。


300のヒヤリハットの予防と

捉え方が大切だよな〜


全ては自分が源。

現場を活かすも殺すも自分ごととして考えねば。

世界は一瞬で、変えられる

世界は一瞬で、変えられる。

手を思いっきり振り、大きく一歩踏み出す。


ここにはたくさんの笑顔、夢が詰まっている。


最高の輝きで声をあげるポンポン

昨日まで喧嘩していた2人がハグをする

胸の鼓動を感じながらシャッターを切る


会場が息を呑み

ひとつになる


世界は一瞬で

世界は一秒で

変えられる


誰もがいつからでも

どこからでも変わることができる


自分を信じて

自分愛し

大切な人を信じ愛す


今日を全力疾走で

毎日本番

手を思いっきり振り、大きく一歩踏み出す


世界は一瞬で、変えられる。

f:id:o-haru21:20170517195856j:plain

社会人一年目のノートをどう作るか

真っ白い紙一枚。


この用紙に何を書いていき、どう枚数を増やすのか。


社会人1ヶ月目を終えた振り返りのガイドラインをメモ。


f:id:o-haru21:20170504204754j:plain

・何のために、なぜ働くのか


・理想の自分は?


・何をもって達成するのか


たった一度の人生。なんのために命を使うのか


つまり使命は何か。


目的意識、そのために効果的な方法は?


未来にベクトルを当て考える。


人はいつからでも、どこからでも変えられる。


まずは会社、商品、職業、自分、この4つの自信を高めること。


そのためには知る→分かる→やる→出来る→分かち合うの段階を繰り返す。


f:id:o-haru21:20170504204930j:plain

一日0.01%の気付き、学び、積み重ね。


365日続けると37.8になる!


最初は一枚の紙っぺらだったのが、一年後にはノートくらいの厚さになって。


そして継続することによって一回では破けないくらいに。



素直に、強く、前向きに。


全ては人は人と出会うことによって学び、変わることができることを証明するために。